同一セグメントに、ルーター2つ

同一ネットワーク上に、2つのルーターを置き、

  • ルーターA > 192.168.2.1 (インターネット用)
  • ルーターB > 192.168.2.254 (VPN用)

× インターネット < ルーターA < ?ルーターB << LAN
○ インターネット < ルーターA << LAN >>?ルーターB > VPN

インターネットに繋がらない時は、
現地業者にやってもらうべく、業者が用意したルーターAがあり、
VPN用に、別途ルーターB(Yamaha)を用意しある。


来は、RT1200で、2回線を1回線に収容するべく、2回線用意してあったが、
お国事情から、根本から切断されることが、年に1度ぐらい発生することもあり、

ルーターBに繋いだADSLモデムがやっかいで、
ルーターを介さず、ADSLモデムにPCを直接接続して
再接続しないと、
繋がらないという、お粗末な仕様。

モデムが悪いのか・・・、通信事業者が悪いのか・・・

一般のクライアントは、ルーターAをデフォルトゲートウェイにし、
サーバーは、ルーターA/B(A優先)をデフォルトゲートウェイにしてある。

で、

問題は、
VPNの別のセグメントに、アクセス「tracert 192.168.1.1」 とすると、
「192.168.2.1」から出て行き、迷子になっているということ。

192.168.1.x の帯域の場合だけ、
ルーターBから出て行きなさい。

?という命令が必要。

<Windows系>
プロンプトから、
route add 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 192.168.1.254
※なお、各クライアント毎にこの設定が必要である。

参考 >
複数NICでのデフォルトゲートウェイ設定方法 – maruko2 Note.

LANカード2枚差しも、同じ理屈。

同一セグメントに、ルーター2つ