Apple シネマディスプレイをWindowsで使う

Apple iMac27(2009)が、調子がというか、
ハードウェア的に問題があるので、Windowsに置き換えました。

熱暴走が激しくて、FANの回転数が異常で、うるさいんですよ。

 

ということで、
どうせMacを買っても、Windowsでしか使わないので、
安いWindows機を中古で新調。

iMac27 + シネマディスプレイ27incを使っていたので、
一体型の本体は、使えないとしても、
シネマディスプレイ27incは、古いながらも、流用したいところ。


 

Apple シネマディスプレイは、mini displayportが採用されており、
DVIか、Displayportの端子が必要で。

Amazonで変換アダプターを探したところ、
DVI -> mini Displayportの変換の口がなく・・・

結局、DisplayPortに対応したビデオカードを買ったほうが安い。
といっても、
HDMIに主力を奪われたゆえ、
新品のDisplaypoortのビデオカードは高価すぎるので、
中古を買いました。
DVI-D x1
* Displayport x 2

Displayportは、HDMIと互換性もあるのに、
HDMIは、Displayport(DIV-D)との互換性はない。

DisplayPort変換ケーブルアダプタを使うことで、シネマディスプレイと接続できる。

DVI-D >> Displayport >> Displayport miniの
変換が出来れば、良かったのだけど。

-

さくら レンタルサーバー上のWordPressのSSL化

さくらサーバーでWPをマルチサイト化し、
初期ドメインで運用している場合にのみ、最も有効な情報です。

***

大手の中では、無料SSL化が一番遅かったと思われる
さくらのレンタルサーバーだが、

つい先日、1つのドメインがお飛びあそばれた。

とは言っても、

  • セカンドページはインデックスされており、
  • Webmastertoolには、警告が来ているわけでもない

数日様子を見たところ、無事返り咲いたわけですが、

httpでアクセスされていたものが、
httpsに置き換わったようで、

トップページは表示されるものの、
セカンドページはCSSが読み込まれないなど、不具合があり、

今更、引き返せないので、いろいろ調べてみた

 

さくらサーバー専用 【WordPress】常時SSL化プラグイン

こんなものを見つけたので、入れてみた。

このプラグインの主な仕事は、

  1. .htaccess書き換え
  2. 内部のhttp:// >> https://に置き換え

お陰様で、セカンドページでもCSSを読み込み、緑のSSLマークが点灯したものの、

管理ページに入れない!!!

さくらの初期ドメインにインストールしたため、初期ドメインはSSL非対応。
しかし、常時SSL化されてしまうため、ページは表示されない・・・

 

管理画面に入るために、.htaccessを加工

RewriteCond %{ENV:HTTPS} on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ~*.sakura.ne.jp
RewriteRule .* http://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

を追加したところ、管理画面には入れるようになったものの、
マルチサイトのダッシュボードに行こうとすると、ダメ・・・

>> https://xxx.sakura.ne.jp/xx/ にアクセスされる

 

単純に、サイトアドレスを、ドメイン名にしてやれば、
ログイン出来るのですが、パスワードを都度都度登録しなきゃいけないし、
Chromeだと、パスワードは保存もできるし、共有出来るが、面倒。

 

いっそのこと、ドメインごと、
別のサーバーに移してしまおうかと、頭をよぎる・・・


 

結論

対処検討中でしたが・・・

結局、SSL化したいドメインだけ、移動しました。

SSLの状態で、ログインしたい場合には、
標準で配給されたドメインは、SSL化はできないので、

マルチサイトにするには、独自ドメインをメインサイトにしないと、
とても面倒です。

-