PC

SURFACE PRO5

ゲーム専用機として、ATOMじゃないタブレットを探していたのですが、
i5 4300 * Fujitsu Arrows Tab Q704/hで、
15000円前後を狙っていましたが、

あと数秒というところで、ヤフオクのウォッチを観てしまい、
バッテリー切れだのSurfaceと思ったら、

画面割れの方を、、、落札、、、

 

「ホントいらないものを落としてしまった」
と、後悔したのですが、

SURFACEって、高い上に、使えないものと思っていましたが、
特殊な用途向けには、最高の品でした。

***

まあ、落札後、交換用の液晶をebayで探してみたところ、15000円前後。
(今、円売りなので、買いは買い)

画面割れてなければ、中古でも5万円以上の代物で、
※バッテリー充電不可は、3万強

交換して、売りさばくつもりでしたが、

 

CPUはi5 7200 / メモリー8GB / SSD 256GB

PC(タブレット)としては、だいぶ性能が高く、
メインで使っているPCより、1世代、後のCPUだし。

 

割れた液晶

で、液晶は16:9ではなく3:2の2736×1824 という、変則なもの。

ちょうど、使いたいアプリが、
FHDの縦使いでは、画面に収まらず、諦めていたのですが、
1.5倍表示しても、1824×1216となり、
幅1200pxあれば、十分収まるサイズ!

その下のスペースには、Explorerを収めることが出来るし、

 

後悔から、好一転!

 

本日到着し、開封したところ、
しっかりに割れてるけど、タッチパネルは生きている。
割れは気にはなるけど、使えなくもなく、
ただ、ドラッグすると、指が引っかかることぐらい。

まあ、交換用液晶ディスプレイ発注しました。by ebay

 

ACアダプター付属せず・・・

Amazonで、丸1日、吟味しました。

今回は、専用充電器じゃなく、PD充電器を買いました。

12V or 15V output is must
29W or greater for Surface Pro M3, or Surface go
36W or greater for Surface pro and Surface laptop, 45W or 60W is recommended.

参考 >> https://oswdiary.net/archives/5455

という、条件があり、
「45W以上推奨」ということで、


Nimaso PD 3.0-1 USB Type C & 2 USB-A 充電器 「PSE認証済」【Power Delivery対応 61W 3ポート USB-C急速充電器】

こちらにしました。

USBが+2なのが、いい感じ。

 

あとは、ケーブルですね。

Surface Pro USB-C充電ケーブル 15V PD充電に対応
ということで、水曜発注の木曜着。
ありがたいことです!

 

予想外の出費となりましたが、
とてもいい商品が手に入り、大満足しております。

 

PS

本来なら、DELL Latitude 7350があれば、
買わなくてよかったのですが、半年探しています。

きっと、家のどこかに、、、

-

最強のモバイル環境を目指して!デュアルディスプレイ編

最初のコンピューターは、NECのPC9821のなんかだったはず。
CPU 486の33MHz(桁違いではない(笑

その次に買ったのは、Akia Pentium 150MHz(Sotec OEM)
※当時、高校生なのに、50万円もしたPC買うとは・・・=全財未来へ投資

次は、高卒で就職して、SONY Vaio Pentium M 233MHzだったかな?を、衝動買い。
前に買ったやつの半額だったって記憶で、23万だったような気がする。

次に、DELL を3台ほど使い、
Vaio >  Toshiba > Vaio S13(現行機)に至る。

途中、hp のコンパチブルを2台、Windowsタブレット 2台、
今回の話しの主役となる、「Onkyo Dx1007A5」を衝動買いしたこともある。

***

デュアルディスプレイ ノート * Onkyo Dx1007A5

目に止まった瞬間、「一目惚れ」して、購入してしまった。

Onkyo Dx1007A5

引用; https://www.jp.onkyo.com/pc/notebook/dx1007/

 

見てのとおり、ノート(ラップトップ)機に、
デュアルディスプレイを盛り込んでしまった、秀逸な作品で、

買ったものの、実はほぼほぼ使っていなかった。。。

 

効率的な仕事=デュアルディスプレイ

QUXGA(2560x 1440) x 2枚の環境を使っていましたが、
モバイルのメインは、VAIO S13だけではやはり足りないので、
最近モバイルサブモニターを買いました。

(写真左)

Tverや、Youtubeを見ながら、をやってしまうので、
普通のディスプレイを1枚足したのですが、
CPUを使われるので、「別のPCがほしい」をとなったところ、

Onkyo * Dx1007A5の投入です。

(写真)

デュアルディスプレイを実現した唯一無二の存在!

メインの作業ではなく、「サブ画面を効率的に持ち運べる」と思い、
購入したのですが、今回はまさにそれの活用!

  • Gmail開いていたり、
  • サーバーのログ吐き出したり、
  • Tver、Youtube、Amazon Prime見たり。。。

しかし、動画はプチフリ連続で、

2GBメモリー・320GB HDD では使い物にならず、
4GBメモリー・120GB SSDに。

(写真)

そして、7 >> 10へアップグレード

(写真)

 

5年も前の貧弱CPUだから、と言っても、遅い・・・
Windows Update系が一巡するまで、激しくCPUを使い回され、
タスクマネージャーを見て、気付く。

1コアじゃないか・・・

 

ウイルスソフトを入れて、Windowsの更新をして、
一晩開けて、やっとCPUも落ち着いて、

Tverを見てみると、ギリギリ見れるレベル。
反対側の画面には、ログを出力。高回転だと、シンドいかもしれないな~

 

2台のPCのキーボード・マウスを共有する

REX-KMShare2という、
PC同士をUSBで繋いで、キーボード・マウスを共有出来るハードを使っいましたが、
画面の境界で別のPCに移動してしまい、ちょっと使いにくかったので、

Microsoftが配布している
「Mouse Without Borders」という、ソフトを使ってみた。
専用のケーブルは不要で、同一LAN内のソフトをインストールし、
共有設定されたPCのマウスを共有できる。

【インストール・設定については、こちらを参照】
https://nj-clucker.com/share-mouse-keyboard-by-mouse-without-borders/

 

まだ、すべての機能は使っていないが、

  • 専用のケーブルが必要ない。
  • 画面の境界線で、CTRLを押さないと移動しないという設定ができる。

という、最大公約数が実現出来、
仮オフィス仕様のモバイル環境は、ひとまず揃いました。

 

PS.

Microsoftが、Book型デュアルディスプレイ機「Surface Neo」を、
2020年に投入するらしい。

https://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201910/03/1727.html

-