PC

パーソナルクラウド *WD Cloud

使っていない人は居ないんじゃないか??
と思われる、クラウドドライブ

  • Dropbox
  • Google Drive
  • One Drive

などなど、ありますが、

もちろん、それらすべてを用途に分けて使用していますが、
いずれも、無料枠での使用。

デザイン系の仕事ではないので、
写真や動画は、Google Photoに入れれば、おおよそDropboxで事足り、
プログラムの配布は、同期が遅いがネックですが、
Google Drive を共有して、更新しています。

参考 >>?クラウドドライブの比較(無料枠で使い分ける)

 

個人の趣味でもありましたが、
この度、お仕事で、音楽(MP3)を大量に扱うようになりまして、
MP3の共有がネックとなりました。

クラウドドライブで一番賢いのは老舗のDropboxなのですが、

すべて、Dropboxで使えると、
ホントは、一番便利なんですけど、
下が、1TBのプランしかなく、

  • 年払: 12000円(2ヶ月分安くなる)
  • 月払: 1200円

は、ちょっと割高なので、

1年半払えば、元が取れてしまう、

WD Cloud を導入しました。

 

Western Digital * WD Cloud 3TB

上記リンク先でも触れていますが、
PC1台なら、別に同期なんてする必要もなく、
バックアップ程度で良いのですが、

何台かのPCの外付けHDDのMP3を同期する

のが目的なので、こちらを購入しました。

他にも、容量違いのモデルが出ていますが、

  • 2TB 16980円
  • 4TB 27800円

2TB買うなら、3TBのほうがお得で、
4TBになると、ちょっと割高なので、3TBにしました。

もし容量が足りなくなったら、
背面にUSBがあり、外付けHDDを増設可能なので、
あえて、4TBを選ぶ必要もない、ということなんです。

ただし、ミラーリングRAID
(複数のHDDを内蔵し、1つが壊れてもデータは生きている)は、非搭載。
1ドライブですが、サーバー用途に使われるREDシリーズのHDDが使われているので、
個体としては、安心できます。

また、同期し、別のPCのドライブにも同期バックアップがあるので、
このWD Cloudが壊れても、物理的損害以外はないので、
尚更、安心出来ます!

 

実際のレビューは、商品到着後にしまーす。

WD Cloudの設定と、使い方

到着しました!

早速、開封し、接続。

http://wdcloud.jp/setup

にアクセスし、アカウントを作ったりします。

参考 >>?WD Cloudデバイスを設定する方法

まあ、アカウントを作ったりは出来ましたが、

どういう訳か接続出来ません!!

イミフです。5分で設定完了なんて書いてあるけど、
私素人さんじゃなく、玄人さんですよ・・・

 

クラウドソフト「WD Sync」をインストール

こちらが、Dropboxなどと同じように動いてくれるクラウドソフト。

上記問題は残るものの、とりあえず、設定してみましたが、
以下のようなエラーが出てきます。

接続が切断されました。SSL/TLSのセキュリティーで保護されているチャンネルに対する信頼関係を確立出来ませんでした。

さて、どういうことでしょうか??

Windowsファイアーウォールも、全て無効にしてみましたが、ダメ。

ネットワーク上には、見えています。

iMacにBootcampを入れており、アップデートが上手く行かず問題なのかと思いきや、
最近買った、VAIO S13でも、同様の症状。

古いWindows2003のサーバーが、悪さしているのかな??

原因不明なので、サポートに連絡してみます。

翌日、なんだか自然に繋がっていました。

WD Cloud シリーズ

日本では、シングルドライブのWD Cloud(2TB~4TB)の販売しかないが、
Amazon.comでは、デュアルドライブなど、販売されている。

from US Amazon

 

シングルの4TBは、$168.92 +送料$25程度で買えるので、
輸入したほうが良かったかもしれないが、今更遅い。
(=3TBの料金で4TBが買える)

日本で買うと、2年の保証がついていますが、
USから輸入すると、あちら送りでの保証になってしまうのかな?

壊れても良い。壊れるわけない!

という人は、是非、輸入を。

PS.

お気に入りのBuilt NYのトートバック

最近、Amazon.com自体が、日本まで届けてくれる商品が増えたので、
とっても助かっています!

日本で買うと9000円ですが、

from US Amazon

本体$34 + 送料 $20 x 113円で、6000円ちょっと。

電気製品以外のものは、安心して、輸入しています。

2017-07-19 追記

WD Syncというのが、Dropboxのような同期をしてくれるソフトですが、
Google Driveのように時差があるんじゃないかと、
心配していましたが、ちゃんと同期してくれている様子です。

 

-

クラウドドライブの比較(無料枠で使い分ける)

現在、使用中のクラウド系ドライブ

  1. Dropbox(無料枠を拡張子7GB / 更新頻度 > 仕事用のファイル)
  2. Google Drive(無料枠で15GB / 更新頻度 > プログラム配布用:)
  3. OneDrive(無料枠で30GB / 更新頻度 > 低画像保存など)
  4. iCloud(無料枠で5GB / iPhoneのバックアップのみ|写真除く)
    ※Yahoo BOX(アプリがないため、未使用)

今回、写真だけであれば、無制限に使えるAmazon Driveを追加しました。(プライム会員に限る)

いずれも、無料枠で運用していますが、それぞれの比較など。

Dropbox

仕事用として、Dropboxを使用するのは、
無料枠は少ないものの、更新プログラム自体が優秀で、
一時、無料枠が多い、Google Driveに移行を検討しましたが、
更新が反映されまで、1~3分かかるため、

結局、Dropboxで、写真などを除外し、枠内で収まるようにしました。

10GB単位での契約や、100GBだけなど、もう少し安価なプランがあればいいのだが、
1TB 1200円のプランしかないため、
現状の無料枠(拡張済み)で事足りる現状。

ファイルが即時に更新され、便利だが、
特定のフォルダーは非同期にできるが、特定のファイル・拡張子だけを除外出来ないのが、残念。

特に、プログラムの実行ファイルが、毎回動悸されてしまうため、
Dropboxの更新を、一時停止し、まとめてアップしないと、
通信料の上限に、あっという間に達してしまう。

 

Google Drive

他PCへのファイル反映がかかるのが難点ですが、
別のGoogle アカウントで共有ができるため、
客様用のプログラムの配布などに、使用。

配布頻度は低いが、ログファイルなどを手元で確認できるため、重宝。

 

OneDrive(旧Sky Drive)

一時、使用枠無制限として、話題となりましたが、
どこぞのアホタレが、75TB(テラ)も使用したため、
無制限は廃止になりましたが、

それでも、無料で使える枠がダントツ多いため、
iPhoneの写真のバックアップを主に、使っていましたが、
あっという間に、上限に達してしまいます。

有料プランにした場合、1TBをもっとも安く契約できる。
また、母体はMicrosoftなので、Officeが使えるプランも用意されており、年間12000円前後。

 

iCloud

iPhoneのバックアップとして、使用。

写真を入れると、あっという間に、5GBの枠をオーバーしてしまうため、
写真以外のファイル=電話番号などを、バックアップ。

 

さて、今回の本題の1つ。

Amazon Drive

プライム会員になると、プライムビデオ(24や新しくはないが、映画)も見れる上、
写真が無制限に保存出来てしまう!

OneDriveも既にいっぱいで、iPhoneの写真のバックアップもしておきたいので、
今回、Amazon Driveに写真のすべてをアップロードしているところ。

 

動画もアップロードされるため、動画は削除しないと、
5GBの枠を使い切ってしまうため、これらは極力削除するとして、

過去に使用していたiPhoneなどの写真ファイルも、
Macに入っており、既に必要ない写真もたくさんあるが、
これらもまとめて、Amazon Driveで管理するとして、

 

***

 

今後も増えていくだろう音楽ファイルが、今、50GBほどあり、
複数のPCで、同じ状態を作りたいところで、

目下、

  1. OneDrive ビジネス(ストレージのみ / 1TB)6480円/年
  2. WD Cloud(WestanDigitalの製品で、社内にネットワークHDDを置き、専用のクラウドソフトで同期 / 3TB) 20000円

で、悩んでいるところ。

過去に、2台壊れた経緯があり、
自前でNASを管理するのは、リスクを伴うのが、気がかりだが、

WDCloud自体が、USBの外部HDDを持つことが出来、
バックアップにも、増量にも対応しているので、万が一には備えられるが、

各PCにも同ファイルが出来ているので、特に気にすることもないか?

2017-06-14 追記

Amazon Driveの5GBのフリースペースが、
動画のアップロードにより、いっぱいになった。

なので、

Google Photoに全て移行。

昔、規約で著作権が、Googleに移転するなど、と騒がれていたが、
個人的には、別に、気にかけるほどのことでもなく、

  • 16Mpx(一変1000px以上)の画像
  • 1080p以上の動画

は、圧縮されるが、バックアップなので、
特に着することもないだろうと。

圧縮後の画像を拡大してみましたが、まあ殆どわからない状態。
写家などシビアな人は、気にするかもしれないけど、

iPhoneで撮影した写真・動画であれば、全く問題なく。
容量無制限で使えるのは、ネ申!

 

-