WordPress マルチサイトを無料でSSL化 @ロリポップ

2017年7月11日より、SSLが無料になったロリポップ

早速、手続きをしてみたのですが、思いの外カンタンでした。

***

以前は、有料でないと使えないサービスだったSSLですが、

Lolipopでは、「Let’s Encrypt」という、

アメリカ合衆国カリフォルニア州の公益法人
「Internet Security Research Group(ISRG)」が
無料で提供するSSL/TLSサーバー証明書を使用しているため、

ロリポップでも無料で、SSL化することが、出来るんですね~

 

最近は、Wordpressで運用されている方が多いと思いますが、
シングルサイトであれば、

ログイン後、設定 -> 一般より、

http:// -> https://に書き換えてやるだけでいいのですが、

.htaccessに、以下の記述を追加も忘れずに。

※shoroji.comは、別のサーバーでSSL化予定

 

さて、問題の

WordPressのマルチサイトのSSL化

強者であれば、
1つのサーバーに、複数のWordpressをインストールするような下品なことは、しないでしょう。
やっぱり、マルチサイトにしますよね?!

SSL化した場合、imgタグなど、別のURLがhttpで入っていると、

SSLの保護マークが付きません

 

lolipopで、マルチサイトを作る場合、
通常、サブドメイン+ロリッポプのドメイン(例:shoroji.hippy.jp)
を、使うことが多いと思うのですが、

  • javascript
  • CSS

のリンク先が、そのサブドメインになってしまいます。
※独自ドメインにしても、同じこと(汗

WordPressも余計なことをせず、ルート表記にしてくれたら良いのですが、
メインサイトのURL+格納場所のURLになります。

これが原因で、SSLの保護マークが付きません。

 

上記、シングルサイト同様、.htaccessでリダイレクトしてくれると
期待したのですが、そうも叶わず。

 

WordPress 4.8系にて、現在調査中ですので、今しばらくお待ちあれ。

-

無料SSL サーバー

https:// で始まるURLが、Google にインデックスされ、
検索結果に表示された場合、
ブラウザーが非SSLサイトにアクセスしようとすると、警告を出してきます。

Chrome 非SSLサイトで警告表示

.htaccessで、htttps:// > http://  にリダイレクトをかけても、
上記、警告が表示され、

SSLが推奨となった今、SSL化は避けて通れない道!

***

もちろん、現在契約しているサーバーでも、SSL化は可能なのですが、
SSLサーバー証明書を無料で、発行してくれるサーバーがある中、

ドメインが1つなら、有料でもSSLを発行してもいいのですが、
複数となると、費用もバカにならないため、
サーバー移転を検討しています。

 

無料で独自SSLが使えるサーバー

※現在、契約しているAWS(Amazon WebServer)でも、無料でSSLをでも発行できるのですが、
環境が特殊で、ある程度の知識が必要なため、除外しています。

調べた限りですが、(初期費用/月額※12ヶ月契約の場合)

が、SSL無料で発行してくれるサーバーです。

初期費用だけ見ると、Zenlogicがダンゼン有利ですね。

ただ、使ったことがないので、不安が残りが、
2週間の無料トライアルがあるので、まずは、使ってみる前に、仕様確認。

 

Zenloicの前身は、ファーストサーバー

ファーストサーバーは、元々はクボタのシステム部門からスタートしたレンタルサーバー。
2017年時点で、20年目に突入する老舗のサーバー会社ですが、
2015年に、物理サーバーを捨て、
ヤフーのIaaS基盤をプラットホームに切り替えたようです。

=ヤフーが運営する物理サーバー上で、Zenloicがレンタルサービスをしている感じ。

 

ファーストサーバーといえば、以前、
更新プログラムのバグ・オペレーションミスにより、対象サーバーのデータ消失のみならず、同時にバックアップデータも消失・・・・

つまり、すべてのデータが消失するという、大問題がありましたが、

その教訓を経て、物理サーバーはYahooに任せ、
DNSも外部のAWS Route53(SAL100%)を使うなど、
より専門性の高い分野は、さらなる専門家に任せ

サービスに特化した会社になったようです。

 

WordPressが使えたり、メールが出来るとか、
基本的なことは、当然できるとして、

サーバーの特徴をば

 

 

常時SSLがどのドメインでも、無料!

入力フォームなどを一部を暗号化するだめに、SSLは使われていましたが、

ECCUBEなどの自社通販サイトに使う以外に、
小さな会社や、個人では、ちょっと・・・

事実、弊社もそんなこんなで、SSL化が遅れていますが、

 

しかし、

GoogleがSSLをランキングリズムのシグナルの1つにするとしたため、

SEOにおいても上位表示に効果も期待出来ます!

 

だれでも無料で独自ドメインに対応したSSLサーバー証明書が使える
Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)」だけでなく、

業界大手シマンテックグループのSSLサーバー証明書が

無料・無制限で利用可能!

 

 

Zenlogicは、CDN が30GB/月まで無料

CDNとは、キャッシュサーバーのことで、
ヤフーニュースなどのビッグサイトで掲載され、
サーバーがパンクして、停止するようなことを避けるための、代理サーバーです。

初期費用なしで、30GBまで使え、
それ以降は、20円/1GBなので、よほどのことがない限り・・・

 

PHP/CGIなどで動的に生成されるコンテンツ(Wordpress)でも、使えるようですが、
平常時は、オリジナルサーバーを指定し、
非常時に、DNSでキャッシュサーバーを指定する仕組みみたいですね。

 

仮想専用サーバー(VPS)

1つのサーバーを、複数の人で共有するタイプのサーバーではなく、
ユーザー毎に、CPUやメモリー、OSが割り当てられているので、
他ユーザーが

大広間で雑魚寝か、個室で区切られているか?
いびきがうるさい、寝相が悪くて・・・を、気にしなくていいVPS

サーバーのスペックが足りないと感じたら、上位プランにカンタン切り替え出来るので、最小のプランで運用をはじめて、
負荷を見ながら、プラン変更出来るのも、特徴ですネ。

 

OSから異なるので、専用サーバーと酷似した安定性を実現しつつ、
低コストで運用できるのが、VPSの魅力なんですが、

VPSみたいに、「黒い画面でコマンドを打ち込む」は、不要!

***

オススメプランは、プランS

20周年記念として、用意されたプランS(890円/月)

プラン1(2970円/月)と比較し、

  • ディスク容量が、300GB(容量追加はできない)
  • 休日の電話サポートが対象外(平日のみ/メールはおk)
  • 設定のチューニングをお願いできない

特に困るわけではないレベル差ですね。

AWSは、3000円/月でメール対応なので、
電話対応してもらえるだけで、ありがたいぐらい!

 

  • 12ヶ月契約で、10675
  • スペック不足のときは、上位プランへ変更も可
  • 常時SSLが重要なトレンド
  • SSL証明書が無料・無制限

そんなZenlogicのお申込みは、こちら!


「プランS」は2017年6月30日までの期間限定!!

お早めに!

-