WordPress マルチサイトを無料でSSL化 @ロリポップ

2017年7月11日より、SSLが無料になったロリポップ

早速、手続きをしてみたのですが、思いの外カンタンでした。

***

以前は、有料でないと使えないサービスだったSSLですが、

Lolipopでは、「Let’s Encrypt」という、

アメリカ合衆国カリフォルニア州の公益法人
「Internet Security Research Group(ISRG)」が
無料で提供するSSL/TLSサーバー証明書を使用しているため、

ロリポップでも無料で、SSL化することが、出来るんですね~

 

最近は、Wordpressで運用されている方が多いと思いますが、
シングルサイトであれば、

ログイン後、設定 -> 一般より、

http:// -> https://に書き換えてやるだけでいいのですが、

.htaccessに、以下の記述を追加も忘れずに。

※shoroji.comは、別のサーバーでSSL化予定

 

さて、問題の

WordPressのマルチサイトのSSL化

強者であれば、
1つのサーバーに、複数のWordpressをインストールするような下品なことは、しないでしょう。
やっぱり、マルチサイトにしますよね?!

SSL化した場合、imgタグなど、別のURLがhttpで入っていると、

SSLの保護マークが付きません

 

lolipopで、マルチサイトを作る場合、
通常、サブドメイン+ロリッポプのドメイン(例:shoroji.hippy.jp)
を、使うことが多いと思うのですが、

  • javascript
  • CSS

のリンク先が、そのサブドメインになってしまいます。
※独自ドメインにしても、同じこと(汗

WordPressも余計なことをせず、ルート表記にしてくれたら良いのですが、
メインサイトのURL+格納場所のURLになります。

これが原因で、SSLの保護マークが付きません。

 

上記、シングルサイト同様、.htaccessでリダイレクトしてくれると
期待したのですが、そうも叶わず。

 

WordPress 4.8系にて、現在調査中ですので、今しばらくお待ちあれ。

-

ECCUBE 2.13.x シーケンステーブル

ECCUBE 2.13.x系のテーブルを見ると、
「_id_seq」で終わるテーブルがある。

各テーブルで主キーに「Audo_Incliment」を指定すれば良いもののを、
あえて、テーブルで管理している。

まあ、いいんだけど、この_id_seqで終わるテーブルが、
以外に多くて、テーブルを探すときに、邪魔・・・

***

ということで、

すで、Eccube 3.x系が主流なので、移行すべきなところはさておき、
これらのシーケンステーブルを削除し、1つのテーブルにまとめてみた。

新たに作成したテーブルは、「_sequence」とし、
項目は、以下の通りである。

  • seqeuence_name [varchar(64)] :シーケンス名
  • sequence[int]:
  • updated[datetime]: 保守用最終更新時刻

SC_Query_Exで、クラスを拡張したのが、以下のコードで、
「_sequence」というテーブルがあるときのみ、作動する。
※シーケンス名が存在するかも、チェックしたほうがいい。

ポイント

$this->conn->nextID で、値を拾ってきているのに対し、

nextValを使っているコードを、すべて書き直すわけではなく、
nextVal内での取扱い、
「_sequence」へ個別にupdate / selectしているだけなので、
コードの修正は、最小限となっております!

※動作確認したが、実運用はしていない状態のコードなので、要修正

一応、動くは動くものの、
1日1万件の処理とかになると、耐久性には心配が残ります。

-