※悪しからず、文章がまとまってません。

メールの受信で、ちょっと難儀した部分もあったものの、(後述)
とりあえず、一通り、出来るようになった。

今回の躓(つまず)いたポイントは、

Gmailで、メールアドレスを追加しようとした時、
SMTPが用意できていなかった。

***

PostfixでSmtpを構築


踏み台にされる、認証もない25番を開放は出来ないため、
自ずと、SMTP-Authユーザパスワードの設定が必要になりますが、

1ドメインならまだしも、設定するのが、

多数ドメインなので、萎えました。

参考 > http://kajuhome.com/postfix.shtml#n05

Aamazon SESでリトライ


Amazon SES = Simple Email Serviceは、
メールを送受信するサービスですが、

当初、受信の部分もSESを使う予定でしたが、
Gmailを使うので、Postfixで転送させました。

***

参考 > Amazon SESでメールクライアントからSMTP送信を行う

をヒントに、SESを試行錯誤し、設定。

(中略)

.

Gmailから送信してみる


設定が終わったぽいので、メールを送ろうとすると、エラーが帰ってくる。

Amazon SES rejected
どうも、SMTPの解除申請が必要みたいだ!

リクエスト先 > http://aws.amazon.com/ses/extendedaccessrequest/

参考 > Amazon SESの送信制限を解除する(SandBoxの外へ移動する)

***

いろいろ調べて、試行錯誤したものの、
すべて、

Amazon SESによるメール送信環境の構築と実践

に、書いてありました!


(追記)

都度、記述するのはカッコワルイので、正規表記を使って、処理した。

↑ は、virtualという外部ファイルで、
main.cfから、以下のようにして、読み込んでいる。

ひとまず、adminは届くようになったものの、それ以外のが届かない・・・

ようよう考えれば、わかるものを、、、

正規表記で書かなきゃいけなかっただけのこと・・・

参考 > http://ultrah.zura.org/?p=3170

Amazon SES SMTP @Gmail
Tagged on: