AWSハンズオンセミナー

先日、Amazon ハンズオンセミナーで、

サーバー(EC2) x RDS x ロードバランサー

の構築の術を、3時間で学んできたのですが、
※と言っても、テキストを見ながら、コマンドを打ちこむだけなので、
実際には、どうなっているのかは、わかりにくいかもだけど、
たくさんの収穫!

でも、

今回は、メールサーバー構築のお話。

 

初めて触るに近いLinux(VPS)。
レンタルサーバーや、Windwos(xampp)とかでカンタンに構築できてしまうこともあり、
大昔に、触ってみたけど、実際に運用目的がなかったので、深入りはせず、
lsとか、カンタンなコマンドだけは知っている程度なので、

すべては手探りです!

***

まず、
AWS内のサービス「SES」を使ってみるが、
届いたメールはS3に保存されるだけで、
しっかり設定をすれば、可能なことが増えるようだが、

今回の目的「カンタンに」から、離れているため、

postfixを使ってみる。

POP3/IMAPを使うとなると、Dovecotというサービスが必要となりますが、
今回は、外部のメールサービス(gmail)に転送して、使いたいので、省略。

 

AWSでPostfixが使えるようにやること


やることは3つ。

  1. Route53にて、A、MXレコード作成
    • mail.xyz.com A 10.10.10.10
    • mail.xyz.com MX 10 mail.xyz.com
  2. セキュリティーグループにポートを追加
    1. POP3 / 110
    2. IMAP / 143 (不要かも?)
    3. SMTp / 25
  3. postfixインストールと設定

***

今回ハマったのは、その設定。

あたりを見てもらえば、インストール・設定までは、できるはず。

今回、gmailにすべてのメールを転送するので、
変更した箇所は、

inet_interfaces = localhost > inet_interfaces = all

だけ。

本来なら、mydomainなども、設定が必要ですが、
マルチドメインで運用するので、省略

 

外部のメールサーバーに転送(マルチドメイン対応)


基本は、この2箇所の参考先の通りですが、

変更箇所は、

# /etc/postfix/main.cf

と、

# /etc/postfix/virtual

入れ終わったら、テーブルとエイリアスの反映を行い、再起動。

***

まず、メールが届かないことには、SSLの認証も出来ず
メールが届かない、届かないと、1日明け暮れたので、

postfix gmail 転送

このメールが届いた時には、

キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

と、大いに感動!!

***

あとは、Coudfrontとの格闘です。
どうも、Round53の設定が間違っているのか?、エラーが出るのですよね。


PS. 覚え書き

サブドメイン名付きメールアドレスで、受信するには?!

[ 参考 ]

[ やったこと ]

  • サブドメインにも、MX追加(ec.xyz.com MX 10 mail.xyz.com)
  • mail.xyz.comは、固定IP に(ELBだと、ダメだった)
  • virtual_alias_domains に、サブドメインの指定(必要か?)
  • /etc/postfix/virtual に、サブドメイン付きメアドを追加。

とりあえず、受信できたので、
次に取得するドメインで、1つずつ除外して、検証してみます。

AWS x postfix(メールサーバー構築)/ 外部転送編
Tagged on: