Twitterの通り、電源供給が出来なくなりました。
電源周りのチップが飛んでるんでるんでしょう。

わずかに残るバッテリーで、状態を伝えてくれたのが、せめてもの救い。

買ったのは、2012年6月。
こんなに短命なPCは初めてです。
キーボードの使いにくさいにも慣れ、
他のPCとのコンパイルスピードの差もあり、
使用頻度は高かったし、

つーか、17万もしたんだぜ!

とても、残念ですOrz

金返せー。゜(*`3´)ブゥ゜。

見積もりしたら、
電源周りの修理だと、2~3.5万。
MB交換で、8~10万。

とりま、別のPCで併用できるし、データも、Dropboxとバックアップで、しっかり。
電池経由では、動くみたいなので、
最悪、ばらして、直接供給するのが、吉なのかも?

オークションに出すのも、
データが残っているだけに、悔やまれる。

朝起きたら、子人がなおしててくれないかなー?!

いずれにしても、
これも機に、もうMacは買わないでしょう。
結局、MacOSじゃ何も出来ないし、Windows機の方が便利。
ParallelsでWindowsを使うのも愚。

PS.
お気に入りのキーボードの「、」キーが反応悪すぎ。
この前、入れ替えたばかりなのに・・・

Macbook Pro Retina 瀕死