WordPress マルチサイトを無料でSSL化 @ロリポップ

2017年7月11日より、SSLが無料になったロリポップ

早速、手続きをしてみたのですが、思いの外カンタンでした。

***

以前は、有料でないと使えないサービスだったSSLですが、

Lolipopでは、「Let’s Encrypt」という、

アメリカ合衆国カリフォルニア州の公益法人
「Internet Security Research Group(ISRG)」が
無料で提供するSSL/TLSサーバー証明書を使用しているため、

ロリポップでも無料で、SSL化することが、出来るんですね~

 

最近は、Wordpressで運用されている方が多いと思いますが、
シングルサイトであれば、

ログイン後、設定 -> 一般より、

http:// -> https://に書き換えてやるだけでいいのですが、

.htaccessに、以下の記述を追加も忘れずに。

※shoroji.comは、別のサーバーでSSL化予定

 

さて、問題の

WordPressのマルチサイトのSSL化

強者であれば、
1つのサーバーに、複数のWordpressをインストールするような下品なことは、しないでしょう。
やっぱり、マルチサイトにしますよね?!

SSL化した場合、imgタグなど、別のURLがhttpで入っていると、

SSLの保護マークが付きません

 

lolipopで、マルチサイトを作る場合、
通常、サブドメイン+ロリッポプのドメイン(例:shoroji.hippy.jp)
を、使うことが多いと思うのですが、

  • javascript
  • CSS

のリンク先が、そのサブドメインになってしまいます。
※独自ドメインにしても、同じこと(汗

WordPressも余計なことをせず、ルート表記にしてくれたら良いのですが、
メインサイトのURL+格納場所のURLになります。

これが原因で、SSLの保護マークが付きません。

 

上記、シングルサイト同様、.htaccessでリダイレクトしてくれると
期待したのですが、そうも叶わず。

 

WordPress 4.8系にて、現在調査中ですので、今しばらくお待ちあれ。

-

パーソナルクラウド *WD Cloud

使っていない人は居ないんじゃないか??
と思われる、クラウドドライブ

  • Dropbox
  • Google Drive
  • One Drive

などなど、ありますが、

もちろん、それらすべてを用途に分けて使用していますが、
いずれも、無料枠での使用。

デザイン系の仕事ではないので、
写真や動画は、Google Photoに入れれば、おおよそDropboxで事足り、
プログラムの配布は、同期が遅いがネックですが、
Google Drive を共有して、更新しています。

参考 >> クラウドドライブの比較(無料枠で使い分ける)

 

個人の趣味でもありましたが、
この度、お仕事で、音楽(MP3)を大量に扱うようになりまして、
MP3の共有がネックとなりました。

クラウドドライブで一番賢いのは老舗のDropboxなのですが、

すべて、Dropboxで使えると、
ホントは、一番便利なんですけど、
下が、1TBのプランしかなく、

  • 年払: 12000円(2ヶ月分安くなる)
  • 月払: 1200円

は、ちょっと割高なので、

1年半払えば、元が取れてしまう、

WD Cloud を導入しました。

 

Western Digital * WD Cloud 3TB

上記リンク先でも触れていますが、
PC1台なら、別に同期なんてする必要もなく、
バックアップ程度で良いのですが、

何台かのPCの外付けHDDのMP3を同期する

のが目的なので、こちらを購入しました。

他にも、容量違いのモデルが出ていますが、

  • 2TB 16980円
  • 4TB 27800円

2TB買うなら、3TBのほうがお得で、
4TBになると、ちょっと割高なので、3TBにしました。

もし容量が足りなくなったら、
背面にUSBがあり、外付けHDDを増設可能なので、
あえて、4TBを選ぶ必要もない、ということなんです。

ただし、ミラーリングRAID
(複数のHDDを内蔵し、1つが壊れてもデータは生きている)は、非搭載。
1ドライブですが、サーバー用途に使われるREDシリーズのHDDが使われているので、
個体としては、安心できます。

また、同期し、別のPCのドライブにも同期バックアップがあるので、
このWD Cloudが壊れても、物理的損害以外はないので、
尚更、安心出来ます!

 

実際のレビューは、商品到着後にしまーす。

WD Cloudの設定と、使い方

到着しました!

早速、開封し、接続。

http://wdcloud.jp/setup

にアクセスし、アカウントを作ったりします。

参考 >> WD Cloudデバイスを設定する方法

まあ、アカウントを作ったりは出来ましたが、

どういう訳か接続出来ません!!

イミフです。5分で設定完了なんて書いてあるけど、
私素人さんじゃなく、玄人さんですよ・・・

 

クラウドソフト「WD Sync」をインストール

こちらが、Dropboxなどと同じように動いてくれるクラウドソフト。

上記問題は残るものの、とりあえず、設定してみましたが、
以下のようなエラーが出てきます。

接続が切断されました。SSL/TLSのセキュリティーで保護されているチャンネルに対する信頼関係を確立出来ませんでした。

さて、どういうことでしょうか??

Windowsファイアーウォールも、全て無効にしてみましたが、ダメ。

ネットワーク上には、見えています。

iMacにBootcampを入れており、アップデートが上手く行かず問題なのかと思いきや、
最近買った、VAIO S13でも、同様の症状。

古いWindows2003のサーバーが、悪さしているのかな??

原因不明なので、サポートに連絡してみます。

翌日、なんだか自然に繋がっていました。

WD Cloud シリーズ

日本では、シングルドライブのWD Cloud(2TB~4TB)の販売しかないが、
Amazon.comでは、デュアルドライブなど、販売されている。

from US Amazon

 

シングルの4TBは、$168.92 +送料$25程度で買えるので、
輸入したほうが良かったかもしれないが、今更遅い。
(=3TBの料金で4TBが買える)

日本で買うと、2年の保証がついていますが、
USから輸入すると、あちら送りでの保証になってしまうのかな?

壊れても良い。壊れるわけない!

という人は、是非、輸入を。

PS.

お気に入りのBuilt NYのトートバック

最近、Amazon.com自体が、日本まで届けてくれる商品が増えたので、
とっても助かっています!

日本で買うと9000円ですが、

from US Amazon

本体$34 + 送料 $20 x 113円で、6000円ちょっと。

電気製品以外のものは、安心して、輸入しています。

2017-07-19 追記

WD Syncというのが、Dropboxのような同期をしてくれるソフトですが、
Google Driveのように時差があるんじゃないかと、
心配していましたが、ちゃんと同期してくれている様子です。

 

-